2010年02月04日

美濃まつり 作業場はもう春 花みこしの花染め最盛期(毎日新聞)

 岐阜県美濃市の「美濃まつり」(4月10、11日)で街を練り歩く「花みこし」の花にする和紙をピンク色に染める作業が同市上条の「双葉紙業」で最盛期を迎えている。染められた和紙は作業場いっぱいにつり下げられ、一足早く春の雰囲気が漂っている。

【祭り写真特集】飛び散る汗 熱い魂がたぎる 日本の祭り

 縦12センチ、横9センチの和紙の四隅に桃色の染料を染み込ませ、中心部だけ白く残す。3月中ごろまでに約400万枚を染め上げ、まつりでは、約30基の花みこしが江戸の風情を残す「うだつの上がる町並み」を勇壮に進む。【宮田正和】

【関連ニュース】
【祭り写真特集】ゆるキャラまつり:130体が「ひこにゃん」の彦根に大集合!海外からも初参加
【祭り写真特集】裸の男が麻袋で作られた袋を奪い合うあの「蘇民祭」の熱い模様
【祭り写真特集】節分おばけ祭:京都の祭りを現代風に 直江兼続コスプレ武者 ゆるキャラが新宿行進
【祭り写真特集】横浜開港祭:ブルーインパルス 華麗に舞う

福知山線事故 当時の支社長ら「不起訴不当」の議決(産経新聞)
<国保保険料>08年度収納率は88% 過去最低(毎日新聞)
<秋葉原殺傷>「事実明かし償う」加藤被告表情硬く(毎日新聞)
詐取の470万でローン返済か 木嶋容疑者(産経新聞)
離陸滑走中、NZ機が急停止・車輪から煙…成田(読売新聞)
posted by キリハラ シンイチ at 23:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<個所付け>民主党の県連通知に野党が一斉反発(毎日新聞)

 国土交通省が10年度に行う公共事業の実施場所(個所付け)を民主党が都道府県連に通知したことに対し、野党は3日、一斉に反発した。自民党は衆院予算委員会の理事会で、経緯の説明を民主党に要求。回答を得られなかったため、この日の予算委で予定していた10年度予算案の趣旨説明が4日に先送りされる事態になった。

 自民党理事は「われわれは予算成立前にこんなことはしなかった」と憤りを隠さず、通知を認めたとされる馬淵澄夫副国交相の処分を要求する構え。同党の石破茂政調会長は記者会見で「予算の私物化だ」と批判し、共産党の小池晃政策委員長も「国会審議を形骸(けいがい)化させる」と指摘した。

 これを踏まえ、民主党では3日夕、高嶋良充参院幹事長が副幹事長と対応を協議。その後、衆院予算委の松原仁筆頭理事に「途中段階の予算の配分予定額を示しただけだ」と説明した。【高山祐、木下訓明】

【関連ニュース】
鳩山首相:小沢氏の幹事長続投、改めて容認
節分:鳩山首相の「鬼」は不景気…早く飛んでゆけ
基幹労連:内藤委員長、「政治と金」で民主党の対応に注文
民主党:自民の票田切り崩しへ トラック議連が発足
鳩山首相:小沢氏報道「冷静に見守る」

民主七奉行の小沢氏批判 声上げた途端に…(産経新聞)
抗精神病薬5成分で無顆粒球症と白血球減少の副作用(医療介護CBニュース)
有料充電器マルチ商法、元社長ら6人逮捕(読売新聞)
「サンラ・ワールド」を捜索へ=50億円集金か、無登録営業容疑−警視庁(時事通信)
<選挙違反>後藤議員の出納責任者に有罪判決 熊本地裁(毎日新聞)
posted by キリハラ シンイチ at 12:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋葉原殺傷 加藤被告、起訴内容認める 東京地裁で初公判(毎日新聞)

 東京・秋葉原で08年6月、7人が死亡、10人が負傷した無差別殺傷事件で、殺人罪などに問われた元派遣社員、加藤智大(ともひろ)被告(27)は28日、東京地裁(村山浩昭裁判長)で開かれた初公判で「起訴状については記憶がない部分もあるが、今回の事件で私が犯人であること、事件を起こしたことは間違いありません。私ができるせめてもの償いは、どうして事件を起こしたかを明らかにすることです」と起訴内容を認めた。弁護側は「完全責任能力があったことには疑いがある」と主張し、責任能力を争う姿勢を示した。

【関連写真特集】秋葉原で通り魔 白昼の惨劇

 起訴内容の認否で加藤被告は冒頭、「この場を借りておわびさせてください。亡くなられた方、けがをされた方、ご遺族、ご家族の方には大変申し訳ありません」と切り出した。

 検察側は捜査段階で精神鑑定を実施。鑑定医が事件当時の精神状態や成育歴を調べ、統合失調症のような精神疾患や人格障害はなかったとの鑑定結果を出した。地検は鑑定結果に加え、ナイフを購入して準備するなど計画性があることや、事件前後の状況説明に矛盾がないことなどから、完全責任能力があると判断して起訴した。

 一方、加藤被告は09年11月、遺族にあてた手紙で「事件の記憶がほとんどありません」と記しており、弁護側は「何らかの精神障害があった疑いがあり、完全責任能力には疑問がある」と主張。鑑定結果の証拠採用に同意せず、今後の公判で鑑定医の証人尋問が実施される。

 また、弁護側は、公判前整理手続きで、被害者や目撃者の調書の証拠採用を拒否した。このため今後、検察側証人として負傷者10人全員を含む被害者や目撃者ら36人、弁護側証人として被告の家族ら6人の計42人が出廷する。

【関連ニュース】
号外も出た・表
号外も出た・裏
東京・秋葉原殺傷:「責任能力」が争点に 公判前整理終了、9月結審見通し
防犯カメラ:秋葉原に16台 無差別殺傷受け、町会が設置 /東京
秋葉原無差別殺傷:責任能力が最大争点に 28日初公判

賃金改善要求見送り、電機連合が春闘方針(読売新聞)
東国原知事の活躍そのまんま教科書…「時事英語」で紹介(スポーツ報知)
日医会長選に京都府医師会長が立候補へ 近畿6府県で推薦予定(産経新聞)
暖冬だから?出水のツル、最も早い北帰行(読売新聞)
橋下知事「国防は国が判断するべき問題」(産経新聞)
posted by キリハラ シンイチ at 00:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。