2010年05月17日

B型肝炎訴訟、「早急に協議開始を」−全国原告団・弁護団(医療介護CBニュース)

 B型肝炎訴訟で札幌地裁が出した和解勧告に対し、国が和解協議に入る意思を表明したのを受け、全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団は5月14日、厚生労働省内で記者会見し、国の対応に関する声明を発表した。声明では、実質的に和解協議を先延ばしにしていると国の対応を批判し、早急に協議を開始するよう求めている。

 声明では、国が和解協議に入る意思を表明したものの具体案を示していない点などを問題視し、「解決どころか、協議入りさえ事実上先延ばししようとする態度を取り続けている」と批判した。
 その上で、こうした態度を改め、救済する範囲や水準に関する裁判所の指針を前提にして、裁判所の内外を問わず、早急に協議を開始するよう国側に求めている。

 東京原告の田中義信氏は会見で、「国はわたしたちの声を聞くことなく今日を迎え、やはり中身が何もなかった。(和解勧告後の)2か月間、何をやってきたのか」と批判し、早期の救済を訴えた。

 全国原告団・弁護団は今後、当事者間の直接協議に応じるよう国側に求めていくほか、鳩山由紀夫首相や関係閣僚への面談要請を引き続き行う予定だ。

 同訴訟では、集団予防接種での注射針の使い回しが原因でB型肝炎に感染したとして、全国の患者や遺族が国を相手取り提訴。これまでに札幌、福岡の2地裁で和解を勧告している。


【関連記事】
薬害肝炎問題解決に向け厚労相に要求書―全国弁護団
和解協議に応じるかは「決定していない」−B型肝炎訴訟で厚労相
次回期日直前の面談を要請―全国B型肝炎原告団・弁護団
和解勧告受け「一日も早い実現を」−全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団
法案の衆院通過で意見表明―肝炎患者3団体

将棋元名人に餌やり中止命令=集合住宅野良猫訴訟―東京地裁支部(時事通信)
携帯で殴る、つまようじで刺す…修学旅行で生徒にけが 法政大中高の体育科元教諭ら2人書類送検(産経新聞)
女子高生にわいせつ 容疑の塗装工を逮捕(産経新聞)
伝統の鏑矢祭、地元児童が鎌倉へ矢を放つ 群馬県太田市(産経新聞)
全裸状態で横浜の川に浮かんでいた女性遺体、殺人と断定/神奈川県警(カナロコ)
posted by キリハラ シンイチ at 15:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。